にー。

2024.06.16

なんてこった。
PCを付ければほぼ必ず利用しているサイトにアクセスできない悲しみよ……。
観たいコンテンツがたくさんある……。好きな投稿者がたくさんいる……。
特に今期の中でも、オリジナルストーリー満載となった国民的神アニメをユーザーコメント付きで観るのがここ最近の楽しみでした……。

安心して利用できる日がまた来るまで、心を強く持って待つことにします。

 

近況。
作品制作……ポートフォリオは8割終わった。あとは細かい箇所の配置や余白調整して印刷して終わり。
出来はもう、ほんと。稚拙すぎてほんとに直しまくりたいけど。
今出来る事をデザイナーとして説明することはできたと思う。
これを活用することで、私の未来はどうなるのやら。
謎に罵倒される心配や、今すぐ処刑されるような不安ばかり募っている。

頭の片隅にずっと作品制作が居座っていることが辛い。現実逃避か。何時間も無駄にすごいぼーっと過ごしちゃう。
こんなときにサイトで観れないのがまた辛いね…。

 

数ヶ月前から、読んだことのない商業漫画の一気読みをし続けている。
これも、ぼーっとする現象に拍車をかけている要素その2だと思う。
無意識に自創作の話や設定作りの参考にならないかと、新しい知見や今どきの動向を欲してるとこあるんだろうなと思う。
本当に勢いよく読んでしまうけど、主人公達の最初から最後(最新)まで一連の流れを体感できるのは面白いね。
それに加えてちょこちょこと、買い切りのゲームもやっているところ。
元々探索ゲーが大好きなので、どこ歩いても違う景色が広がってるオープンワールドは楽しすぎますね。
歴代シリーズお得意のアクションパズルとしてのやりごたえもさることながら、ビジュアル的な没入感、アイテムの役割の多機能さ(強いアイテムにはしっかり欠点もあって旅の状況によって何を持つか取捨選択する必要がある。バランスが絶妙で大変良い)、ストーリー含めた世界観の構築がとてもよくて作り込みが凄すぎる……まさしくオープンワールドの金字塔だ……。これもまた何時間もつけっぱなしにして眺めている……。

 

先日、ふとしたときに、きりゅうさんと二人きりになった。

そのときに、
きりゅうさんも私も今は好奇心がとても強い時期で、その影響で出会ったのではないか。と。話してくれた。
それはあるのかも。そうであったら嬉しい、とつい思っちゃった。

私も今は、自分の振り返りを経て、色んな作品に興味を持つようになって、自分の目で見て楽しみたい、って思う気持ちが強くなった気がするよ。

はるも秋良さんも席を外していたので、よからぬことが起こらないよう気を付けつつ、おしゃべりした。まだ信用できないけれど、はる達の管理室に入り浸ってるし、一緒に過ごしたり外を散策するときにも付いてきたり……。もはや冬乃ちゃんよりも長時間いる。恐ろしいほど執着している……。

まだ自我がふわっふわなのか、たんぽぽのことを、推しのいた世界の生物名として言っていた時があって笑っちゃった。いやたしかに常識の基準で考えたらそうなるし、私も何年嗜んでいたんだって感じだから言い変えられたって会話に支障はないけどさ。

一方、私が間違えて推しの名前で呼んでしまうことが多々あって、そのたびに「鬼龍ですよ?」と訂正してくるようになった。お互い、慣れていかないとね。

 

* * *

解逅当初、扱いに大変困ったので、せめて別個人として定着してくれれば~~~~。と描き出してみたときのやつ。
管理室にダイブするとこの姿でいてくれるようになった。よかった。

Nichijou nikki by××