未来の娘ちゃんの未来設計図。

2024.06.19

睡眠がズレたらしく、布団に入っても眠れず明け方になっていた。
いつもと違うのは、気が滅入ったり病みだしたりせず、とても穏やかな気持ちだってこと。

とはいえ、眠れないので暇つぶしにスマホを眺めつつ、未来の娘ちゃん成長記の構想をまた練っていた。
もうこの構想も2~3年になるけれど、まだ「これだ」って感じの話の核心を得れていない。

まどろむついでに、もえちゃん達についてのこと、やりたいことを書き出してみる。

 

●もえちゃんの出自について
もえちゃんは、元魔王秋良と悪魔ユサの愛娘。
出産という概念がなく、幼い新住民はコウノトリが運んでくる世界観だけれど、出自からしてもう暗雲立ち込めているな……って感じた。
ただ、コウノトリ時点で二人とも闇については(ほぼ、後述)浄化しきっていて二人は愛によって幸せな未来を得ることができました。
という、勇敢な彼ら彼女らが想いをかけて空想世界を救った後のお話なので、私は幸せな夫婦や娘ちゃん達に酷なことはしたくないと考えてる。それは数多の空想世界を見守る女神様も同じ気持ちでしょう。
だからといって、問題がないところには物語は始まらない。かわいいもえちゃんを悲劇のヒロインにはしたくないけど、それと同じくらいすんごい話を見てみたいなと思ってました。
それで、『七色の未来』を考案したところある。秋良みたいに神に決めつけられた未来ではなく、もえちゃん自身に選んでもらいたかったんだよね。
ただ、魔王になってしまったらどんな風になるのか……見たい気持ちはあります。光と闇の創作主は好きなキャラほど曇らせるのが大好きだから仕方ないね。(主語がデカい)

 

●もえちゃんについて
お上品なところはユサから。聡明なところは秋良から。かわいさは二人の愛でミックスされて生まれたんだと思ってる。
でも子供はただの親のコピーではないので、もえちゃんはもえちゃんなところもしっかり描きたいと気を付けてます。

パパとママからたくさん愛されているが家の外に出してもらえない日々を送ってきたため、外の世界に興味を持っているもえちゃん。
&「普通の子になりなさい」と言われて育っているので、普通ではないものにも(無意識に)興味深々なんじゃないかなとも思ってます。
そんな子が、女神やみずがみちゃんに興味を持つのは当然じゃない…?おそらく周りの住民達が引き離しても惹かれ合ってしまうんじゃないかと思う。

 

●もえちゃんの『魔王要素』について
魔王とは空想世界に存在する闇を司る存在。
魔王になるためにはある儀式が必要になる。『現魔王から魔王継承者に憎悪を受け渡す』という儀式。受け渡しさえできれば儀式はどんな形でもよい。
空想世界終盤で秋良が魔王の名を抱え落ちしたので、ユサは儀式に参加はしたが憎悪を受け取ることはなく形骸化した要素、魔王の残滓だけを持つことになった。
が、その魔王の残滓が愛娘に受け継がれている可能性があり、何かのきっかけで愛娘が魔王になってしまう可能性を秋良ユサをはじめ女神達は懸念した。

魔王になることを徹底的に避けようとした結果、女神の加護が他の住民よりも多大になり、七色の未来が叶う状態になってしまった。
ちなみに女神の加護は、光に満ち溢れています。光と闇の均衡が取れていることがいいと基本的にはされる世界なので、もえちゃんの持つ女神の加護は他の住民と比べてもめちゃくちゃ強い光属性に位置している…と思う。

 

●『七色の未来』について
まだ設定詰めているところ。現時点で分かっていることだけまとめる。
もえちゃんが望んだ物事は、何でも叶ってしまう。未来限定。過去に対しては効力がない。
もえちゃんが本心から望まない未来にはならない。逆に素直に望んでいるなら、ちょっと望むだけですんなり通ってしまうこともある。
もえちゃん自身は何の力も持っていない。力を持つことで魔王になる懸念から意図的に力を持たされなかったんだと思う。七色の未来はもえちゃんの力ではない。なお女神がもえちゃんに直接与えたわけでもない。
七色の未来の中には、魔王になる未来も含まれている。けれど、別の要因がはたらいているせいで望んでももえちゃんが魔王になる未来にはならない。

 

●『別の要因』について
もえちゃんはうすぼんやりと把握している。当時、パパママに対してもえちゃんがうまく言葉にできなかったので、もえちゃん以外には詳細がわからない。
悪夢の中で、城で迷子になり見知らぬ黒い人物が現れたというもの。
女神達は、これを魔王発現の予兆だと考え、対策をすることになった。

 

●もえちゃんのやりたいこと、未来の娘ちゃん成長記でやりたいこと
みずがみちゃんに指摘された時点で普通の子になるのは無理だと悟っている。様々な好きなものになって楽しむ未来を望んでいる。
何でも叶う七色の未来を持つもえちゃんと、みずがみちゃんとの関わり合いを描きたいなあ…。
もえちゃんのみずがみちゃん好きは、友達としてなのか?恋愛としてなのか?まだわかんないです。

私は、涼めがでできなかったことを二人に託したい気持ちもあるんだよね。それってなに?内緒だよ。
少女達の儚くも甘ずっぱいお話が見たいです…。甘ずっぱいってなんなんだろ…。

Nichijou nikki by××