p…

……。

……………。

……それじゃ、ダメだよな。

オレは何故、また同じ過ちを繰り返そうとしているんだ?

風と共にいなくなってしまったあいつを、
この狭い世界の中でのうのうと待っているだけでいいなんて、誰が言うんだ?

止まってしまった世界を見過ごして、
そのまま放っておいていいなんて、誰が言うんだ?

みんないなくなっちゃったから、
もう、誰も聞いてくれないだろうけれど。

それでも、オレ、

そんな悲しい事、言いたくないんだ。
そんな悲しい世界で、あって欲しくないんだ。

だってここは、誰もが夢にみる、想像の世界……。

空想世界、だから。

生まれ、
変わらなきゃ。

この広い、広い世界の中で。

本当のあいつを知っていて。

手を差し伸べられるのは。

助けてやれるのは。

その大役を果たせるのは。

オレだけ、なんだ。

目を閉じる。

心の中で強く、強く、願う。

忘れたくない記憶。
置いていくことも、持っていくことも、出来ないだろうけど。

その想いだけは、
何があっても、

絶対に忘れない。

*