伏線

ある日、魔王が僕の元へやって来て
「創造神に贈り物をしたいのです」と言って、僕が代わりに渡すよう、贈り物を手渡した。
「僕から渡す必要がどこにあるのかな」と聞くと
「私(わたくし)から贈り物を捧げては、意味がないのです」「どういうこと?」
「あなたが、創造神に大層気に入られておられることは存じております…」
「ですが、あなたは創造神の大いなる見技に共感なさっていないご様子です」
「分かるの?」ぼう、っと視線を魔王に向けて
「目を見れば分かりますよ」「とても、怯えた目をしている」
「ですから、あなたから贈り物を捧げるのです。そうすれば、あなたの心に寄り添われるようになり、次第に私達住民達のお気持ちにもお気づきになられるでしょう」
「本当かな…」
「ええ。もちろんですとも」
「僕が渡して『いらない』って、言われないかな」
「ご安心ください。創造神がお造りになられた住民からの贈り物とお気づきになられれば、お断りになられる理由は存在しないでしょう」
そう促されて、僕は君に手渡した。何も言わずに渡したので、僕が用意したと勘違いしたのかもしれない。
「…おいしいパンね」
「そうなの?」
「うん…とても」

美味しいと言ってもらえたことを魔王に伝えると、魔王は次の贈り物を用意した。
次の日、君に手渡しに行き
「きょうもよういしてくれたの?ありがとう」
「…どういたしまして」

僕はその日初めて、君から感謝の気持ちをもらった。
けれどそんなに嬉しくはない、用意されたものを渡しただけだからね。

「けほっ…おいしいミルクね」
「そうなんだ」
「うん…とても」
創造神が少し苦しそうに飲んでいる様子を見て、違和感を感じたが
秋良は何も言わなかった。

次の贈り物を用意して、次の日渡しに行き、そんな日が何回繰り返されたある日。

とうとう創造神は地に伏せた。

「げほっ…げほっ…」
「どうしてこんなにくるしいか、わかったわ…。このおくりもの…、”ぞうお”でできてる……」
「おいしいパンと…ミルクの…げほっ…、かたちをしてたのは、わたしがおいしそうだと思っても、たべられないの…しってて…!」

「神と言えど子供。知らない事は多かれ少なかれあるものですよ」
地にうずくまる創造神の前に、魔王が現れる
「まあ、こうなってしまえば、人の子と大差ないですね」
「う………がっ!」
創造神をうつ伏せにし、(儀式を始める)

「あ゛っ…あ゛!!げほっう゛、あ゛」

何も言えず立ち尽くす秋良だったが、思わず足が出て
「やめてよ」
魔王のマントにしがみ付いた。

「ここでやめては意味がありません」
「魔王…でも……」
「まだ分からないのですか。知能のある子供だと思っていたのですが」

「あ゛あ゛!!!」
何かの音と共に創造神の絶叫が聞こえて、綺麗に拭き取った鎌を秋良に向ける。

「あなたは私に利用されていたのです」
「!」
「私は神を排除し、まもなくこの世界の支配者となります」
「権力を振るい、世界中の全てのものを脅かす存在となるでしょう」

「ですので」
”秋良(あなた)の役目はここで終わりです”

体が凍りついたように動かない。
肉体が切り裂かれる音がする。
切り裂かれた場所から、血が滲み込み、黒い何かが侵食していく。

目を見開いたまま動かない秋良、
低い絶叫を上げ、地に伏せる魔王、
息を吐き、鎌を握りしめた片翼の創造神がいた。

(すんでのところで創造神が立ち上がり、魔王の鎌を奪って切りつけた)

「やっぱりあなたあやしかったのよ」
「”まおうのなをはくだつし、はんぎゃくしゃとしてくうそうせかいのはざまについほうするわ”」
「くく…無駄な足掻き…です…」
「うるさい」

空中に吸い込まれる男の体と、追放を済ませた創造神の後ろ姿。

「さて、けほっ…あきら、まきこんでごめんね」
「もうおわったから、だいじょうぶだよ」

黒い血のようなものにまみれた子供に声をかける創造神。

「あきら…?」

黒い影が子供の身体を覆う。そうして、黒いマントに身を包んだそれは口を開く。

「秋良は役目を終えたよ。立派に役目を終えたんだ」
「…どうして?”あなたはあきらだよ?”
「ああ…そうやって…。君はいつもそうやって…自分の価値観だけで他人の役目を決めつける」

「僕はたった今、生まれ変わった」
「だから、これからやらなきゃいけないことがたくさんあるんだ」
「手始めに…”君を…空想世界に大いなる力を振るっていた神を…排除しようか”

”僕が、空想世界の支配者になる。権力を振るい、空想世界中を脅かす存在になるよ”

風が吹き荒れる、魔王城の頂上でそう宣言する。
黒いマントをたなびかせて、空想世界を見下ろす魔王の後ろ姿。

「…しまらないなあ。君が勝手な事を言うからだよ」
「秋良はもう役目を終えたのに」

黒いマントが影になって消えていく。そこには悲しい目で、一人空想世界を見つめる子供の姿があった。

「僕は秋良(何もできない役)のままだ」