正直者と嘘つきの僕

「花畑の君と僕」、「魔王と秋良」の二本ごちゃまぜ。「伏線」の補完の話。

 

 

***

あの時。
君と僕のどちらが正しくて、どちらが間違っていたのか。
そんなの。どちらの立場に立つかで、事の天地はひっくり返ってしまうだろう。

だけれど、僕は確かに、あの時から。
君に対して 背負った罪の意識を、芽生え始めさせていたんだ。

***

 

薄い空色と黄色の夕暮れ色が微かに色づく花畑で。今日も僕は籠を無言で突き出し、君に贈り物を渡した。
昨日よりもしっかりと、喜びの顔をして言葉を返す創造神。

「きょうもよういしてくれたの?ありがとう」
「…どういたしまして」

僕はその日初めて、君から感謝の気持ちをもらった。
けれどそんなに嬉しくはない、用意されたものを渡しただけだからね。

*でも*

「あきらはやさしいこだね」
「………」

二人並んで近くの展望台に座る。
ずっと創造神の膝の辺りに目線を向けている秋良。

「けほっ…おいしいね」
「そうなんだ」
「うん…とても」

創造神が少し苦しそうに飲んでいる様子を見て、違和感を感じたが
秋良は何も言わなかった。
もくもくと時間が過ぎて行っていたが、しばらくして慌てた声がした。

「あっ…。あきらもたべたかった?」
「………」
「もうくちつけちゃったから、あしたは――」

小さくちぎったパンの、最後のひと欠片を飲み込む創造神。

「ううん。あしたもきてくれるかなんて。わからないもんね」

 

次の日。想像神も予想していたのか、僕がそこにいた時には、既に展望台に腰かけて待っていた君がいた。

「うそ。きょうもよういしてきてくれたの?」
(ここ秋良の後ろ越しに、二人一緒に写っている)

「ありがとう」

だから、うれしくないんだって。

「あきらはほんとうにやさしいこだね」
「………」

僕には、君が。
でたらめを言っているようにしか聞こえないよ。

「おいしい、ね」
「そうなんだ」
「うん……とても」

*でも *

 

 

***

暗い、人工的なレンガ作りの洞窟の階段を下りていく秋良。
開けた視界の先に、広大な魔界の闇と、怪しいわりには小さな魔王城がそびえ立っていた。

「ご苦労様でした」

空の籠を手渡すとそう言われ、しばし突っ立っている秋良。
いつもなら、ここで次の籠を手渡すのだが。

「今日は泊まっていきなさい」

突然の事に何も言えず見つめ返す秋良を見て、ほんの僅かに口の端を持ち上げる魔王。

「晩餐会ですよ。是非とも貴方を招待したいのです」

 

秋良は気が付かぬ間に椅子に座っていて。食事の時間は進んでいく。
何かの力が働いて、その場から逃げられない秋良。
淡々と口に運んでいく魔王。時折、見られるような射貫くような目線を感じる。
しばらくは手をつけなかった秋良だったが。その魔王の視線に耐えかねて、意を決して飲み込む秋良。
呆けた顔で、魔界に来てからようやく初めて、言葉を発した。それは、今までの秋良の内から出る言葉のどれよりもひどく、分厚い壁に投げつけるような言葉だった。

「おいしくないね」

「……」
「あの子は、『おいしい』って言っていたよ」
「そうでしょうね」

「1人で住んでいるの?」
「ええ。十分な広さですよ」
「寂しくないの?」

投げつけられる質問の数々に、魔王はその問いにだけはきちんとした返事を返さなかったが、
「…人として。誰かと食事を共にするのは、いつ以来でしょうね」
「でも。そうですね……。今宵は楽しい時間を過ごせそうですよ」

食事が終わって、ようやく自力で引けた椅子の足元で何かが光り、また空の甲冑が動き出して、食事を下げ、クロスは自発的に飛んでいって飛んで来て 替えて、あっという間に片付けを進めていく。それらに囲まれながら、魔王の見様見真似をして、ゆっくりと口元を拭く秋良。
ようやく解放されたのに、何故か秋良の腹の中はうごめいていて、何かに苛立っていた。
晩餐が終わった事を秋良も悟って、入ってきたドアに目をやるが、別の方向から魔王の声がした。

「こちらにおいでなさい」
「あれは貴方に見せるべきものでしょうから」

先に進んでいってしまう魔王。
おそるおそる着いていく秋良だったが、通路の奥から獰猛な獣の声が反響してきて、

「怖がることはありませんよ。彼らは全て、檻の中です」
「……」

闇の中から数多の両の目が、秋良を凝視し脅していた。
足が竦んで思わず魔王のマントの裾を掴んでしまい、先程の威勢も忘れ、弱った目でその場から動けない秋良。上から見下ろしていた魔王だったが、引っ張られている事を気にしない事にしたのか、裾を掴まれたまま、奥へと進んでいく。

ぴたりと止まって。ほんの少しだけ開けられている石のドアの隙間から、見えてはいけない”何か”が見えて。
すかさず目が闇に覆われる。(魔王の手が遮る)

次の瞬間には、先程の魔王城の晩餐をしていた場に戻っていた。
手にはいつの間にか。身が詰まった籠が持たされていて。

「あの先はいずれ。その時が来たら、明かされるでしょう」

その声と共に僕はまた、花畑に立っていた。

 

***

 

夕暮れに包まれる花畑で、秋良は創造神の隣に腰かけていた。でも、その目は一向に、創造神の顔には決して向かない。
創造神もまた同じく。今日は秋良に目を向けず、遠くに目をやっている。なびく風に吹かれながら。ゆっくりと陽が沈んでいく。その度に時折咳き込んでいたが、唐突に一人で話し出した。

「…わたしね」
「わかってるの。みんなに、こわがられて、きらわれてる、ってこと」
「わたしが、あんなことばかり、している、から」

前を向いたまま、目を見開いている秋良。
ゆっくりと創造神の方を向こうとして、その前に声だけで制した。
足をひょい、と地面に降り立たせて、秋良の前に出る少女。

「いいの。いつからかわすれちゃったけど。ずっとこうなの」

「だから。あきらが。にげずにそばにきてくれるだけで。わたし…げほっごほっ」

「わたし、うれしいなぁ」

息を詰まらせながら言い直したそれに、目を細めてしかめた秋良だった。

ふと、籠を手で掴み、歩き出す。籠を揺らしながら、花畑から覗かせた飛び飛びの石を飛んでいく白いワンピース。その後ろをついていく秋良。
籠を持ち主に返さなきゃいけないから着いて行っているだけで、別に君を追いかけたい理由なんてない、なんて顔をしている秋良。

*君がそんな事を言うから *

大して遠くない、展望台からすぐそこの花畑の中に二人は入って行って、
「ここにすわって」
「何?何なの?」

落ち着かない様子の秋良のそばに、籠を置いた。

「いいから。いいから」

「おれいをしようとおもって」
「……」
「……ううん。わたしがしたいから。めいわくかもしれないけど」

「……」

「どう?とっても似合う」
「………」

「似合わないよ」

その声に、寂しそうに笑う少女。

「あきら」

手首を差し出すように見せる君。
その腕には、たゆんと垂れる結びかけの花があった。

「あきらにおねがいしたいの」

「いつもの天使に手伝ってもらえばいいのに…」
「できないよ。ひとりじゃできない」
「どうして僕が、君に手を貸さなきゃいけないの」

はあ。とため息をついて。
小さな腕に向かって両手を近づけ、見下ろす秋良。
難しそうな顔をしてここがこうで、ここがああだよ、と言い合いながら、少しずつ編んでいく。

「できた!」
「………」

「ありがとう。あきら」

とびきりの笑顔ではしゃぐ君から目を背ける。

*僕はどうしたらいいのか分からなくなるんだ *

 

 

***

(ここ3~4コマで伏線ラストのシーンが駆けていく。)

***

 

 

暗い、地の奥底で。
見下す僕。
何も言わない君。
何も返ってこなくたって、その薄っぺらい顔を見ていると、ムカムカして、心のどこからか言葉があふれて来る。

「君は決まって、そう言うんだ。『秋良は優しい子だね』って」
「もう、やめてよ」
「僕は優しくなんてない」
* 僕は秋良なのに *

「君の言葉なんて、君の想いなんて。もう必要ない!」
* 君が『秋良』を返してくれないから *

「僕は”魔王”なんだ」
*僕はどうしたらいいのか分からなくなるんだ *

(客観視点でどんどんフェードアウトしていく二人と世界)